過払い金とは

利息制限法の上限利率を超えた利率を受け取っていた貸金業者に対して、払いすぎている利息を元本に充当して、元本がなくなっても支払いを継続していた場合、払いすぎが発生しているため、返還請求ができることになります。この、払いすぎているお金を「過払い金」と一般的に呼んでいます。

過払い請求のデメリット~信用情報ブラックについて

過払い請求をこれからやろうと考える人が、気になる点としては、なにかデメリットがあるのかという点でしょう。

デメリットとしては、信用情報への影響があります。過払い請求をすることで、信用情報機関への情報登録がされていたことがありました。信用情報機関というのは、会員である金融機関が貸し付けを行う際の判断の材料とするために、過去のキャッシングやクレジットにかかる情報を登録する機関であり、JICC(日本信用情報機構)や、CIC(シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)などがあります。これらの信用情報に、信用に関する事故情報(延滞や債務整理など)の情報が登録されることを、ブラックリスト入りなどと一般的に呼ぶことがあります。

では、過払い金の返還請求をすると、信用情報機関への情報登録がされてしまうのでしょうか。

以前は、過払い金返還請求をすると、信用情報機関に「契約見直し」という登録がされる、ということがありました。しかし、この取り扱いは2010年4月19日に廃止となりました。この日以降には契約見直しという登録がされることがなくなっただけではなく、過去に遡って契約見直しというコード(コード71)の登録をすべて抹消することとなりました。これにより、過払い金返還請求をすることで、信用情報上不利な扱いをされることがほとんどなくなりました。

しかし、注意しなければいけないのは、過払い金返還請求を行った際に、利息制限法の引き直し計算をした結果、債務が残り、その残債務について将来の利息の免除などを伴う分割払いの契約を行ったようなケースでは、「債務整理」という区分で登録がされ、やはりこれは事故の情報という扱いを受ける可能性があります。

過払い金返還請求と信用情報・ブラックリストについて、さらに詳しい情報はこちらのページへ
過払い請求とブラックリスト|松谷司法書士事務所

司法書士や弁護士に任意整理の依頼をしたのであれば、過払い請求の依頼をしたつもりで、信用情報には載らないと考えていたとしても、場合によっては上記「債務整理」の区分での登録がされることはありますので、この点には注意が必要でしょう。

他にデメリットとして考えられるのは、過払い請求によって、内緒にしようとしていた消費者金融との取引がばれてしまうというようなことです。通常は、家族に過払い請求の事実がわかったり、金融会社との取引がわかったりすることはないのですが、場合により、内緒にするのが困難となることがあります。具体的には、過払い金が任意に返還されず、訴訟になった場合に、裁判所からの書類が本人宛てに届き、これが原因で家族に消費者金融との取引が発覚するというようなことが考えられます。

このページの先頭へ

過払い請求トップページイメージ画像